重要判例解説(2);最高裁判所平成22年3月25日判決

1 事案
産業用ロボットや金属工作機械部品の製造等を業とする株式会社X(原告・控訴人・被上告人)には,主に営業を担当するY1(被告・被控訴人・上告人)及び主に現場作業を担当するY2(被告・被控訴人・上告人)といった社員がいた。
平成18年4月ころ,Y1らはXを退職して同種事業を行うことを計画し,この計画に基づいて,同年5月31日にY2が,6月1日にY1がXを退職した。
退職直後は,Y1が受注しY2が下請けするという形態であったが,平成19年1月からはY3株式会社(被告・被控訴人・上告人)を設立し,Y1が代表取締役・Y2が取締役に就任した。
また,XにはC1~C4という顧客がいるところ,Y1は退職のあいさつとして彼らと面会し,Xの売上高の3割を占める大口顧客であるC1には特に退職後に同種事業を始めるから受注を希望する旨伝えた。この結果,Y1退職直後の平成18年6月からC1の,同年10月頃からC2~C4の継続的な受注を受けることとなった。C1はY3の売上高の約4割を占め,C1~C4の合計だとY3の総売上高の8~9割を占めていた
平成19年1月,Xは,Y1らが同種事業を開始していたことを偶然知ったが,この時点でC1らからの受注額は減少しており,特にC1からの売上は従前の5分の1にまで激減していた。なお,Xは,Y1らの退職後はC1ら以外から受注した仕事で忙しく,従前のようにC1らの下へ営業に出向くことは出来なくなっていた。
そこで,Xは,Y1らに対して,競業避止義務違反を理由に労働契約上の債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償として1349万余円を請求した。なお,Xには退職後の競業避止義務を定める特約等は存在していなかった。
 1審は,退職後の競業避止義務についての合意が成立していたとは見られないとして労働契約上の債務不履行責任を否定し,取引上逸脱した態様・方法でXの利益を侵害したとは言えないとして不法行為責任を否定した。
 原審は,Xの顧客情報を利用して事業を行っていること,Xに気付かれないよう工作して顧客を奪ったこと,Xに大きな損害を与えた上にY3の経営が全面的にXの元顧客に依存していることなどを挙げて,社会通念上自由競争の範囲を逸脱した違法な行為であるとし,XがY1らの競業行為に気付くまでの7か月間に生じた営業上の損害に相当する722万余円について損害賠償を認めた。

2 判旨
破棄自判
ⅰ 原判決理由中の一般命題に当たる部分を,「元従業員等の競業行為が,社会通念上自由競争の範囲を逸脱した違法な態様で元雇用者の顧客を奪取したとみられるような場合には,その行為は元雇用者に対する不法行為に当たるというべきである」と,整理引用した上でそれを支持したものの,あてはめに当たる部分については次のように判示して,結局,原判決を破棄しXの控訴を棄却した。
ⅱ 「Y1は,退職のあいさつの際などに本件取引先の一部に対して独立後の受注希望を伝える程度のことはしているものの,本件取引先の営業担当であったことに基づく人的関係等を利用することを超えて,被上告人の営業秘密に係る情報を用いたり,被上告人の信用をおとしめたりするなどの不当な方法で営業活動を行ったことは認められない。また,本件取引先のうち3社との取引は退職から5か月ほど経過した後に始まったものであるし,退職直後から取引が始まったC1については,......Xが営業に消極的な面もあったものであり,Xと本件取引先との自由な取引が本件競業行為によって阻害されたという事情はうかがわれず,Yらにおいて,Y1らの退職直後にXの営業が弱体化した状況を殊更利用したともいい難い。さらに,代表取締役就任等の登記手続の時期が遅くなったことをもって,隠ぺい工作ということは困難であるばかりでなく,退職者は競業行為を行うことについて元の勤務先に開示する義務を当然に負うものではないから,Y1らが本件競業行為を被上告人側に告げなかったからといって,本件競業行為を違法と評価すべき事由ということはできない。Yらが,他に不正な手段を講じたとまで評価し得るような事情があるともうかがわれない。
以上の諸事情を総合すれば,本件競業行為は,社会通念上自由競争の範囲を逸脱した違法なものということはできず,Xに対する不法行為に当たらないというべきである。なお,前記事実関係等の下では,Yらに信義則上の競業避止義務違反があるともいえない。」

3 解説
本件判決は,在職中に知り得た顧客情報を利用して,当該顧客と取引関係を形成して元使用者と同種事業を開始し,元使用者に損害を与えた場合(退職後の競業行為)に不法行為責任を構成するか否かについて,最高裁でおそらく初めて判断を示したもので
ある。
そして,顧客情報や在職中の人的関係を利用することを認める等,退職後の競業行為を比較的広く認める立場に立ったものだと言えよう。

アクセス

大宮駅東口徒歩3分

さいたま市大宮区大門町1-63
栗橋ビル6階(地図はこちら


交通

  • JR・東武鉄道・埼玉新都市交通
    大宮駅より徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

大宮を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート