高校生の息子を交通事故で亡くしました。子供たちが将来働いて得ることのできたはずの給料など逸失利益について、どのように損害が算定されるのでしょうか?

年少者や学生など未就労者の逸失利益は、男女別の全年齢の平均賃金額を基礎として算定されるのが原則です。例えば、男子高校生が交通事故で死亡した場合には、原則として男性の全年齢の平均賃金を基礎として損害が算定されることになります。
もっとも,既に大学に進学している者や、その進学が確実視されている者については、大学卒の労働者の平均賃金を基礎とする場合も見られます。また、将来特定の職業に就く蓋然性が認められる者については、当該職種の平均賃金を基礎とした場合も見られます。

アクセス

大宮駅東口徒歩3分

さいたま市大宮区大門町1-63
栗橋ビル6階(地図はこちら


交通

  • JR・東武鉄道・埼玉新都市交通
    大宮駅より徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

大宮を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート