妻が重い精神疾患にり患して一時入院していましたが、その後退院し現在は自宅で療養していますが、精神疾患のためか夫婦間での会話や夫婦生活が全くない状態が1年近く続いています。私としては妻の病気が治るよう最大限今まで努力して夜遅い仕事から早めに帰宅できる仕事に転職するなどしてきましたが、今後もこのような形だけの夫婦生活を続けることはできないと考えて離婚を決意しましたが、このような場合裁判所は離婚を認めてくれるのでしょうか。

民法770条1項4号は配偶者が精神病にり患した場合に、その精神病が強度の精神病で回復の見込みのない場合には離婚を認めるとの規定を置いています。しかし、本件は強度の精神病とまでは言えず、また回復の見込みがないとも言えません。したがって、民法770条1項4号に基づいての離婚を裁判所は認めることはしません。しかし、妻の精神病が原因で婚姻関係が破たんしており、夫がこれまでの治療に最大限努力するとともに今後の将来の療養費についても可能な限り支払いをする意思があり、離婚後の扶養看護にも全力を尽くすなどを誓っている場合とか、妻の親族等による引き受け体制ができている場合などでは裁判所は夫の離婚請求を認める可能性が高いと言えます。

アクセス

大宮駅東口徒歩3分

さいたま市大宮区大門町1-63
栗橋ビル6階(地図はこちら


交通

  • JR・東武鉄道・埼玉新都市交通
    大宮駅より徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

大宮を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート