夫が突然行方不明になり、離婚したいと考えていますが、どうすれば離婚できるのでしょうか。

通常離婚をするには話し合いで協議離婚するか、話し合いがまとまらなければ家庭裁判所に調停を申し立て、調停が不成立となり離婚に至らなければ離婚訴訟を提起して最終的には判決によって離婚となります。しかし、本件では話し合いをしようにも相手の居所が分からないのですから、協議離婚はできません。相手が行方不明の場合には調停を経ずに家庭裁判所に離婚訴訟を提起することが法律で認められています。そこで、本件では、家庭裁判所に対して離婚訴訟を提起することになります。弁護士に依頼することになりますが、相手が行方不明の場合には公示送達によって訴状の送達を相手方にすることになりますが、離婚訴訟では相手が欠席したからと言って離婚判決が当然に認められるわけではありません。この場合にも離婚原因を必要とします。相手方配偶者の生死が3年以上明らかでない場合に該当すれば民法770条1項3号に該当し離婚を認められます。また、夫が蒸発し一定期間渡過すれば悪意の遺棄に該当するとして離婚が認められることになるでしょう。
離婚訴訟によらない方法としては、夫の生死が7年以上不明の場合は失踪宣告の審判を家庭裁判所に申立て、失踪宣告の審判を得ることで夫が死亡とみなされて夫との婚姻関係を解消することもできます。
なお、夫が蒸発したからと言って夫に無断で離婚届けに夫の署名を代筆して離婚届けを市町村に提出することは文書偽造罪に該当し、離婚の効力も無効ですので、このような行為は絶対になさらないでください。

アクセス

大宮駅東口徒歩3分

さいたま市大宮区大門町1-63
栗橋ビル6階(地図はこちら


交通

  • JR・東武鉄道・埼玉新都市交通
    大宮駅より徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

大宮を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート