私が親権を有して育てていた子どもを元夫が無断で連れ去ってしまいました。子どもを取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか。

本件では、親権者である母親が、子の監護に関する処分として子どもの引き渡しを求める調停、審判を申し立てることになります。
調停は相手方の同意がなければ成立しませんが、審判は家庭裁判所が決定を出します。子どもの引き渡しを求める審判を家庭裁判所が出すかどうかの基準としては、連れ去り行為の違法性や親権・監護権の所在だけでなく、子の利益の観点が重視されます。元夫が子どもの養育能力がなく子どもの養育環境もよくない場合には親権者である母親に対して子どもを引き渡す審判が出されることになります。逆に元夫に連れ去られた子どもが元夫の家庭で長期間養育されて元夫の家庭環境に慣れて親しみ、養育環境、能力にも問題がなく、かえって子どもを連れ戻すことが子どもの養育にとってマイナスになる場合には子どもの引き渡しが認められないことになるでしょう。その意味では早急に子どもの引き渡しを求める調停、審判を申し立てる必要があります。
家庭裁判所の審判結果を待てない場合には審判申し立てをするとともに審判前の仮の処分を求めることになります。子どもの引き渡しを求める審判(本案といいます)で申立てが認められる可能性が高く、かつ、子どもの引き渡しを緊急に行う必要性がある場合には子どもを引き渡すとの仮の処分が認められます。仮の処分が決定されると、その処分には執行力があり強制執行をすることができます。

アクセス

大宮駅東口徒歩3分

さいたま市大宮区大門町1-63
栗橋ビル6階(地図はこちら


交通

  • JR・東武鉄道・埼玉新都市交通
    大宮駅より徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

大宮を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート