夫が私にいつも暴力を振るため離婚を考えていますが、夫の暴力のため離婚の話し合いができません。このような場合どうすればいいでしょうか。

配偶者の暴力から他方配偶者を守るため「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(DV法)が制定されています。そこで、本件のような場合にはDV法に基づいて地方裁判所に保護命令の申し立てをして保護命令を発令してもらうことをおすすめします。保護命令の申し立てをするためには、配偶者暴力相談センター職員や警察職員に対して相談援助保護を求めた事実があるか、公証人の宣誓供述書の添付が必要になります。この手続きをするには必ずしも弁護士に依頼する必要はありません。
保護命令が発令されますと保護命令が効力を生じた日から6か月間被害者の住居その他の場所において被害者の身辺につきまとい、又は被害者の住居、勤務先その通常所在する場所にはいかいすることが禁止され、また、保護命令が効力を生じた日から2か月間被害者とともに生活の本拠といしている住居から退去することなどが命じられます。被害者の子どもに対しても接近が禁止されます。保護命令には有効期間がありますが、再度保護命令を申し立てることができます。
この保護命令に違反すると、懲役刑又は罰金刑が科されます。
保護命令を発令してもらったうえで、夫と人を通して離婚の話し合いをすることをおすすめします。あるいは、保護命令を発令してもらって身の安全を確保してから離婚調停や離婚訴訟を提起することをおすすめします。

アクセス

大宮駅東口徒歩3分

さいたま市大宮区大門町1-63
栗橋ビル6階(地図はこちら


交通

  • JR・東武鉄道・埼玉新都市交通
    大宮駅より徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

大宮を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート